ペットとしつけ

現代のペットは家族の一員としての立場を確かなものとし、昔と比べてより人間と密接に関わるようになりました。
そういった背景から、よりしつけの重要性は高まったと言えます。
しつけというと、犬の場合はお手やお座りなどをイメージしがちです。
確かにこれらもしつけの一環ではありますが、本来のしつけは人間とペットがともに生活するうえでお互い無理がなく、他人に迷惑をかけないために行うものです。
犬の場合だと、たとえば愛犬が害になるものを拾い食いしないため、あるいは散歩中に他人に飛びかからないようにするためにしつけが必要となります。
つまり、しつけは自分が快適に暮らすためだけでなく、ペットの健康のためであり、まわりの人たちの安全のためでもあるのです。

しつけというと悪いことをしたときに叱るものだと思っている人がいますが、それは必ずしも必要ではありません。
それよりも根気強く何度も教えこむことがしつけでは重要となります。
人間でもそうであるように、しつけは子供の頃から行うことも大切なポイントです。

犬の場合は特に大切で、生後約1ヶ月から数か月間の限られた期間にさまざまなしつけをしておくことは、その後の犬の状態を左右すると言われています。
この時期の子犬は好奇心旺盛でさまざまなことを吸収しようとする時期なので、多様な経験を積ませることも重要です。
このサイトでは、ペットに必要なしつけについて、まとめてあります。
これからペットを飼おうとしている人は参考にしてみてください。



▽特集
トイプードルやチワワなど人気の犬のしつけの仕方など勉強になるハンドブックです ・・・ トイプードル